貴腐ブドウから作るワインはフルーティ?

ワインで貴腐ブドウなんての聞いたことありませんか?
世界三大貴腐ワインの名地ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ、フランスのソーテルヌ、ハンガリーのトカイが上げられます。

私は、これまで、外国のワインばかり飲んできました。
ワインの味にうるさいわけではなく、とくにこだわりやウンチクがあるわけでもないのに…。

たまーに国産ワインを飲むと、ラベルには「辛口」と書いてあるのに甘かったり、
逆に日本酒のような辛さだけがあったり。

そんな偏見も手伝って、国産ワインを避けることが多かったのです。

先日、ドライブがてら、たまたま立ち寄った静岡県伊豆市の「中伊豆ワイナリーヒルズ」。
ちょうどランチ時で、食事もできるというので、立ち寄りました。

たいして期待もせずに立ち寄ったのですが、建物の1階の試飲コーナーで、でこの地で育てられた
葡萄から作られたワインを試飲すると、なかなか美味しい。
2階のレストランでの食事の際も、丁寧な説明とともにワインをいただくことができました。

外国のブランドワインもいいけれど、自分が足を運んだその場所で育てられたワインも、また格別なもの。

国産ワインに対する偏見をすて、これからは国産ワインをもっと買おう、飲んでいこう、と決心する
きっかけとなりました。

それで貴腐ブドウは成熟したセミヨン種、リースリング種などの、果皮の薄い白ぶどうなどで生まれるものです。

これらブドウの表面に貴腐菌が繁殖します。そうするとなんと果皮の表面の溶けていき、そこからブドウの実の水分が蒸発してしまいます。

水分がなくなるわけですからがすると、そこにはエキス分(糖分)だけが凝縮した状態の、
糖度の非常に高い干しぶどうのようになる、このブドウの種類を貴腐ぶどうです。

貴腐ぶどうから造られたワインはなんといっても糖度が高いです。
そのためワインのできる発酵には時間がとてもかかり、
ゆっくりと発酵が進んでいきます。進みます。

また味に関してはとても複雑な風味を持っています。
貴腐ぶどうから造られたワインは極甘口となっていてとても味は濃くでコクと旨味が多い、
芳香豊かですから飲みやすいです。

また特にデザートワインとして用いられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>