カテゴリー別アーカイブ: つれづれ

私のミシンの思い出と体験談

健康の為にミシンを始めました。昔からある物で、今や一家に一台はある物ですが、一昔前のミシンは、とても重くて持ち運びするだけでとても大変な物でした。

一般用、刺繍用、業務用など色々と種類がありますが、ミシンの機能は色々と違いますので、自分の目的に合わせて購入してください。

おすすめミシンについて
ミシンの歴史について
しかし手先をつくと健康に良いですね。脳が活性化するみたいです。

私がミシンを使い始めたのは小学校の頃で、初めて縫ったのはぞうきんです。

ミシンをかうならヤマダ電機

ミシンの思い出は色々ありますが、何回か使って長い間放置していたのですが、最近ハンドメイドにはまって数年ぶりにミシンを使い、ブランクが長すぎて色々戸惑っています。

久しぶりに使ったミシンは、色々な所がさびていて、色々使いにくかったので、これを機に買い換えようと色々と調べたところ、フルサイズよりヒトサイズ小さいレギュラーサイズを購入する事にしました。

ミシンはとても手頃な価格になってはいますが、長い間使いたいので、もう少し調べて、何年も使える納得の一品を購入して、もう少し凝ったハンドメイド品を作りたいと思います。

専門書の買取なら大学近辺の本屋がおすすめ

大学の教科書などの専門書は、一度、内容を理解してしまうと、不必要になってしまうことが多いです。

辞典のようなものはとっておいてもよいのですが、それ以外の専門書は分厚くて重いせいもあって、部屋においておくには邪魔なものです。

ワインの本もたくさんあって、ワインより置くスペースが必要で困ってます。

大学生であれば、卒業時に後輩にプレゼントするという手段もあるでしょうが、タイミングを逃すとそういう手段は使えません。

おすすめは、大学の近所にある中古書店に買取を依頼することです。

普通の中古書店ですと、専門書の価値を分かってくれずに安く買い叩かれることもありますが、大学の近所の中古書店であれば、中古の教科書を探し求めに来る学生が多いこともあって、高値で買取をしてくれます。

教科書以外でも、意外と高値で売れるような専門書はありますので、余裕があれば、教科書と一緒に持ち込むといいでしょう。

近くに大学が無いという方はネットで専門書の買取を専門にやっているお店を探すという手もありますので、あきらめずに高値で売れる道を探してみてください。

医学書 買取はこちら